心理カウンセラーはどうやってなるの?

心理カウンセラーはどうやってなるの?へようこそ

ストレスの溜まりやすい現代では心理カウンセラーへの需要が高まっています。しかし、心理カウンセラーというのは非常にハードな仕事で心身共に疲れてしまう割にはそれほど収入が良いわけではありません。それに就労体制についても大きなメリットはないと言っても良いでしょう。一般の会社員と比べると学ぶべき事がたくさんあり、毎日遅くまで勉強しなくてはなりません。

 

しかし、物質的な欲を満たすよりも、心の交流を求めている人が多いようです。そのために、クライアントの相談に乗る事のできる技術や知識、経験を身に付けている心理カウンセラーが求められています。

 

心理カウンセラーが活躍している分野は教育や医療、福祉、産業、司法などです。それぞれの分野で求められる専門知識は異なりますから、その分野に合わせた知識を身に付けなくてはなりません。

 

ところが人の心は非常に複雑であることがほとんどです。単純ではなく、常にねじれて絡み合っていることがほとんどなので、心理カウンセラーは専門分野外の知識も身に付ける必要が出て来ることもよくあります。さらに範囲も明確な境界を付けられない時には色々な分野の専門家が連携してクライアントのカウンセリングを行うこともあります。こうした状況を踏まえて自分の得意分野は何なのかを考えて心理カウンセラーになるために努力を行わなくてはなりません。

 

心理カウンセラーを目指すのであれば、これまで学んで来たことと経験を基準にして、自分がどの分野に適性があるのかを希望する分野と仕事内容を踏まえてしっかり検討した方が良いでしょう。

 

心理カウンセラーは具体的に病院やクリニックを始め、学校、鑑別所、裁判所、老人福祉施設、企業や民間の相談室、被災地などで活躍することになります。活躍できる場所は実に色々あるのですが、接する対象の相手が様々ですので、しっかり考える必要があります。

 

そして心理カウンセラーの職種もスクールカウンセラーや臨床心理士、認定カウンセラー、産業カウンセラー、精神保健福祉師など色々ありますので、自分の適性を考えながら進む専門分野を決めます。自分が何に興味があり、何が得意なのか、どこで働きたいのか、これまでどのような職歴があるのかを考えて自分の進むべき方向性をしっかりと定めましょう。