心理カウンセラーはどうやってなるの?

カウンセラーの適性

●カウンセラーの適性があるのは、相手の考えに共感することのできる人

 

カウンセラーに必要なのは、クライアントの話を真剣に聴くということだけではありません。聴く事なら努力をすれば誰でもできることですが、カウンセラーにはクライアントの考えをきちんと理解し、理解したことをクライアントに的確に伝える必要があります。言葉で伝えることも大切ですが、話を聴いている時の顔の表情や態度も大切です。自分が話をしている時にカウンセラーが頷いてくれたり、真剣に聴いている顔をしてくれたら心を開いて思っていることを伝えようという気持ちになれますよね。

 

●カウンセラーの適性があるのは、心が温かい人

 

クライアントが自分とは異なる考え方を持っていたとしても、態度が非常に悪かったとしても、無条件にクライアントを受け入れ、クライアントに対して関心を持つ事ができる人はカウンセラーの適性があると言えるでしょう。カウンセリングを続けていてもクライアントになかなか改善する兆しが見えなかったり、クライアントが悩んで苦しんでいる時は辛抱強く、温かい心を持ってサポートする必要があります。どんな時もカウンセラーが見放さずに温かい気持ちで接してくれていると気付くと、クライアントは頑張って乗り越えよう、新しいことにも挑戦してみようと勇気を持つ事ができます。

 

●カウンセラーの適性があるのは、純粋な心を持っている人

 

いつも素直で、人をだます事なく、心を開いている人はカウンセラーに向いていると言えるでしょう。自分にとって扱いやすいクライアントのみに良い態度を見せるのは決して純粋なカウンセラーとは言えません。もちろんカウンセラーは機械ではありませんので、クライアントがあまりにも嫌な態度を示したら腹も立つでしょうし、イライラもするでしょう。怒り以外にも恐れや不安など、人間らしい感情を持つ事は普通です。しかし、これらの感情を認める事ができるということが大切です。クライアントも同様に人間です。マイナス面も多く見かけると思いますが、そのような点についても率直に伝える必要があります。

 

●カウンセラーの適性があるのは、知識欲旺盛な人

 

カウンセラーの仕事をするためには、膨大な量の専門知識を身に付けなくてはなりません。専門領域についてあまり詳しくないカウンセラーにはクライアントは安心して悩みを話せないはずです。クライアントは自分が悩んでいるがゆえに、自身でもインターネットや書籍から色々な知識を得ていることがほとんどです。もしかしたら、クライアントが自分で身に付けた予備知識のために、素直にカウンセラーの話を聴いてくれない場合もあるかもしれません。ですから、カウンセラーがそれらを超える情報をきちんとクライアントに伝えることができなければ信頼を失ってしまいます。そのため、カウンセラーは努力を怠らず日々勉強をし続けなくてはなりません。しっかりと知識を身に付けて面談を行えばクライアントは心を開いてくれるでしょう。

 

●カウンセラーの適性があるのは、自身の価値を自覚できている人

 

カウンセラーは自分が周りからどのように思われているかをしっかり自覚している必要があります。実はカウンセラー自身が自分をどのように捉えているかはクライアントとの接し方、交流の仕方に色々と現れるのです。自分が周囲から尊重されていると認識していなければ、クライアントと面談を行う際にクライアントのことを尊重することができないのです。

 

●カウンセラーの適性があるのは、自分のことを分析できている人

 

カウンセラーも感情を持った人間です。ですからカウンセラーも悩みを抱えたクライアントと同様に、幼少時代から様々な感情や気持ちを体験して来ています。ここでカウンセラーもクライアントと共に感情がぶれてはいけません。カウンセラーはカウンセリングを行う立場なのですから、自分の中の意識や考えを明確にしておく必要があると言えるでしょう。そうでなければ自分の考えなのかどうかわからなくなってきてしまいます。自分の価値観をはっきりさせておけば、クライアントと話し合う際に自分の考えを見失わないでいられます。

 

●カウンセラーの適性があるのは、言葉と行動が一致している人

 

カウンセラーは自分の言動に責任を持たなくてはなりません。カウンセラーが自分のことを認めておらず、言葉と行動がちぐはぐだと、クライアントがカウンセラーを信頼して自分自身を表現することができません。自分自身の限界や価値観を把握しているカウンセラーというのは、自分の考えを持っていたとしても、それをクライアントに対して強制することはしません。カウンセラーがそのような態度であれば、クライアントも素直な感情を出す事ができます。カウンセラーは常に謙虚かつ純粋であるほうが良いと言えるでしょう。

 

●カウンセラーの適性があるのは、社会と繋がっていける人

 

カウンセリングというのは基本的にクライアントとカウンセラーの1対1で行います。そのため、外の世界と触れる機会が少なくなってしまいがちですが、決して閉鎖的になってはなりません。カウンセラーはクライアントとのカウンセリングで発見した問題について、社会に還元していく必要があるのです。