心理カウンセラーはどうやってなるの?

心理学に関連した資格の種類

心理学関連の資格には様々な種類があります。有名どころですと、臨床心理士という文部科学省の認可している協会が認定している資格や、産業カウンセラーという企業に勤める人を対象にした資格、精神保健福祉士(PSW)という国家資格も存在します。PSWは以前は精神科ソーシャルワーカーという名前で呼ばれていました。

 

この精神保健福祉士(PSW)ですが、福祉の現場で働くカウンセラーは必ず持っている必要のある資格であり、1997年に第一回目の資格試験が開催されました。精神保健福祉士(PSW)の仕事内容は、精神障害を抱えた人たちの自立や社会活動を援助することです。病院で働く心理カウンセラーと比べると、より福祉的な面が大きくなります。

 

また、臨床心理士は数ある心理カウンセラーの職種の中でも、専門性のかなり高い資格だと言えるでしょう。ところが臨床心理士という資格は、弁護士や医師、不動産鑑定士といった職種の資格とは異なり、法律で保障されていません。いわば英検と同じような資格であると考えておいた方が良いでしょう。英検は持っていたとしてもそれで就職が保障されるわけではありませんよね。それと同様に、臨床心理士の資格も、残念ながら資格を取れば就職先が決まるということではないのです。

 

しかし臨床心理士の資格は特技のレベルのものでもありませんので、カウンセラーの制度がしっかりと確立され、法規も整備されれば社会的地位は上がるはずです。

 

現在は残念ながらまだ十分に整っていないと言わざるを得ない状況ですが、心理カウンセラーを目指したいのであれば資格は取得しなくてはなりません。ですから心理カウンセラーになりたい人はまずは資格を取る事から始めてみてください。

 

資格を持っていても収入が上がるわけでも仕事をたくさん得る事ができるわけではありませんので、取得した資格を活かして、自分をどんどんアピールしていく必要があります。

 

その他にも心理学に関連する資格はまだまだあります。心理関連の学会や協会が認定している認定心理士や心理相談員、認定カウンセラーや家族相談士、交流分析士や学校心理士なども心理学の仕事です。

 

このような心理学関連の資格を取得して初めて、認定団体における指導目標を突破したことになりますし、資格を得る事で自分に自信が持てるようにもなるでしょう。

 

資格を取得する際にはまず、自分がどのようなタイプのカウンセラーを目指したいのかを明確にし、それから必要な資格を取る事が大切ですし、スクールを選ぶ際にも安易な気持ちで選ばない方が良いでしょう。

 

スクールに通えば同じ志を持った仲間と出会えますし、講師との人脈を築くことができます。このようにコツコツ作った人脈が後々の就職にも役立つかもしれません。

 

特に地方自治体が運営している精神保健センターなどの場合は、公に心理カウンセラーを応募したりしないために、紹介されて就職したという人も多いようです。ですから、自分の将来のためにも、自分の周りの人間関係を大切にしていきましょう。